09
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
<< >>

This Archive : 2012年09月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆薬を使わない精神科医【宮島賢也先生講演会】を開催します☆

2012.09.30 *Sun
【自分が自分でいられる場所】
ちるどれんの明美です☆

「薬を使わない精神科医」で有名な”みやじっち”こと
宮島賢也先生の講演会を開催します♪
http://www.miyajitti.com/

とっても気さくな先生で、親子のコニュニケーションについても
お話しをしてくださいます。

どなたでもご参加いただけます。

ご自身のこと、家族のこと、友人のこと、
心と身体が健康であるためのヒントをもらえる講演会です。

沢山の方にこの情報が届きますように、
皆様、シェアをお願いします。


【宮島賢也先生講演会】

平成24年11月15日(木)
受付開始 9:45~
講演: 10:00~11:50
場所: タワーホール船堀 401会議室
参加費: 1500円
先着順(事前振込)

お申し込み: children@sun.cims.jp
090-1604-6775(鈴木明美)

主催: Team Oasis ~カウンセリングをもっと身近に~


昨日は、池川明先生と長堀優先生の講演会に参加しました。
時代を変えていかれる方の勇気と、懐の深さをしみじしと感じました。

宮島先生も、これまでの医療の現場を変えていかれるお一人だと感じています。
足を運んで、生みやじっち先生に会いに来てくださいね♪


【自分が自分でいられる場所】
セラピールームちるどれん☆~心と体のカウンセリング~
---------------------------------------------
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
問合せ:http://form1.fc2.com/form/?id=346749
メール:children☆sun.cims.jp(☆を@に変えてください)
鈴木明美♪
スポンサーサイト

誕生日♪

2012.09.21 *Fri
【自分が自分でいられる場所】
ちるどれんの明美です♪

今日は、夫の誕生日&ちるどれんの誕生日。

刺身好きの夫には、サクを買ってきて、刺身と握りずしでお祝い。
ケーキは子供たちへのおまけ♪ってわたしも食べたかったのだ。

お刺身


ちるどれんは、これから5年目に入るんだな~っとこれまでを振り返ってみた。
少しずつ、未来の夢も変化してきている自分を感じつつ、
これからの自分がどんな風に変化していくのが楽しみでもあります。

昨日は、セラピストの仲間と「スキップ祭・ストレスとのつき合い方」という
イベントをやった。
今年は2年目。
24名の方に参加していただいて、仲間と参加者さんと素敵な時間をつくりました。
新しい出会いや再会、幸せな時間でした。

セラピールームちるどれん・Team Oasis・地域支援活動「縁が和」
気がついたら3つも立ち上げてて、これでいいのかな~っと思いつつ、
みんなに助けてもらわないと何も成り立たない活動。
助けてもらうのが苦手なわたしには、必要なことだったのかな。
つながってくれたみんなありがとうね☆

山あり谷あり、そよ風あり嵐ありの人生を
楽しんで生きたいな。
自然のスピリットに助けてもらいながら。

最近「パパラギ」って本を読んだ。
涙がぼろぼろとこぼれ落ちた。
涙は何て言ってのかな、自分の愚かさに涙が出たのかな。。。

明日は、ゲシュタルトの養成コース。
また、濃い二日間を味わいながら過ごしたいと思います。

ちるどれん、5年目。
わたしはどうなっていくんだろう。

忘れなかったら、来年、このブログを読み返してみよう。


【自分が自分でいられる場所】
セラピールームちるどれん☆~心と体のカウンセリング~
---------------------------------------------
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
問合せ:http://form1.fc2.com/form/?id=346749
メール:children☆sun.cims.jp(☆を@に変えてください)
鈴木明美♪

スウェットロッジセレモニーに参加してきました♪

2012.09.08 *Sat
【自分が自分でいられる場所】

ちるどれんのあけみです。




スウェットロッジ(身体・心・魂の浄化と統合、

子宮回帰の儀式)から帰ってきて5日目。

毎日、感謝の雨が降ってきます。


スウェットロッジ


何かが変わったのか変わっていないのか分からないけど、

これまでと同じはずの夫とのやりとりに、これまで見えてなかった愛を

感じることができるようになりました♪♪♪

とても不思議です。



スウェットロッジに入る前にいくつかのワークをしました。

スピリットと繋がり、メッセージを受け取る準備なのかもしれません。

入口



忘れものの女王だった子どもの頃そのままに、

スウェットロッジで着るはずだった服を忘れ(おいおい、メイン忘れてどうすんの!)、その日出会ったみなこに服をもらい。。。。

助けられました。




スウェットロッジには真夜中に入りました。

真ん中でオレンジ色に燃えた石に水をかけ、

蒸気でいっぱい、猛烈な暑さのなか、ラコタソングを歌いすごします。

歌と祈りと感謝が暑さとともに降り注ぎます。





スウェットロッジでは、最後まで出ないと決めていたのに、

水を飲み過ぎて、トイレに中座(涙)

でも、これにもとても意味があった。

とても一人では歩けない状態で、ずっと手を引いてトイレまで連れて行ってもらった。

誰かの助けなしでは歩けない状態。

服を忘れたことも、トイレも甘え下手のわたしへの

メッセージだったんだと思う。





凄い暑さの中、一晩中石を燃やし続けてくれたファイヤーキーパー、

スウェットロッジの中と外で、見守ってくれたスタッフ。

一緒に輪になって、同じ時をすごす仲間。

どれ一つ欠いても、成り立たないし、あの暑さには絶えれれなかったと思う。




スウェットロッジから出て、もうろうとした意識の中強く感じたのは、

子ども達への感謝。



産まれたとき、こんなに大変だったんだねって。

産まれた後の子ども達の大変さに、ありがとうって思ったのは初めてだった。



誰かが傍にいてくれないと不安な感じと傍にいてくれる存在に安心を覚える感じ、どちらもが入り混じっていて、そして頭はもうろうとしてる。

子ども達は、生まれてすぐは、こんな感じだったのかな?
やっと歩けるようになっても気持ちは高ぶったままだったのか、




仮眠の時もなかなか眠れずに、山の上の神社と展望台まで散歩。



河内平野を眺めてから、やっと眠りにつけた。




みんなで食事をとり、スウェットロッジの片づけを手伝って、日常が戻ってきた。

石を燃やした薪



体験する前に、「スウェットロッジを体験すると何かが大きく変わるんじゃないかって期待してくる人がいるけど、

みんながそんなことはないんですよ」ってスタッフさんと話していて、

わたしも「そりゃそうだ」って思っていたのに、

こんなに早く変化を感じてる自分に、今はとても驚いてる。


【自分が自分でいられる場所】
セラピールームちるどれん☆~心と体のカウンセリング~
---------------------------------------------
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
問合せ:http://form1.fc2.com/form/?id=346749
メール:children☆sun.cims.jp(☆を@に変えてください)
鈴木明美♪

プロフィール

セラピールーム・チルドレン

Author:セラピールーム・チルドレン
江戸川区西葛西
カウンセリングルーム
講座開催



カテゴリ

おしらせ (47)
講座&イベント (79)
日記 (55)
心のあゆみ (53)
実践心理学教室の日程 (2)
コミュニケーション講座の日程 (0)
MOTHER'S NET (1)
NLP (4)
日々の気づき (4)
カードセラピスト講座 (1)
パステル (1)
インタビュー (3)
家族 (4)
子育て (6)
心と病 (2)
縁が和 (2)
の (0)
和みのヨーガ教室 (2)



最新記事



カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 【自分が自分でいられる場所】セラピールームChildren All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。