12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
15
16
18
20
21
23
24
25
26
28
30
31
<< >>

This Archive : 2010年12月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始のお知らせ

2010.12.29 *Wed
【自分が自分でいられる場所】

セラピールームChildrenのあけです。


今年も沢山の方たちに出会いをいただき、
いろんなことを学ばせていただいた一年でした。

出会ってくださったクライアントさん、
講座に来てくださった方、
わたしが行った学びの場で出会った方々。
インターネット、ミクシイやアメブロで出会ってくださった方々。


今年もありがとうございました。

明日、12月30日(木)から1月10日(月・祝)まで、セラピールームChildrenは
年末年始のお休みとさせていただきます。


明日から、山口県の実家に帰省します。
インターネットが出来ない環境の実家ですので、
しばらくはメールは不通となります。

お急ぎでご予約の確認がとりたい方は、
HPに掲載している電話番号へご連絡ください。


どうぞよろしくお願いいたします。

ゆるゆると楽しい年末年始をお迎えください。

愛と感謝を込めて♪
ありがとうございます。


セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749






スポンサーサイト

息子と靴下

2010.12.27 *Mon
【自分が自分でいられる場所】

セラピールームChildrenのあけです。


昨日、息子の変化を感じました。


昨日の朝、息子がサッカーの靴下を乾かすので、「ドライヤーどこ?」とたずねてきました。

そういえば、前の夜、息子が「赤い靴下は明日履くから洗って」と言っていたので、
わたしは「洗濯機に入れておいて」と言ったのを思い出しました。

基本的には朝に洗濯をするわたし、一昨日はうっかり頼まれた洗濯を忘れて寝てしまいました。


夜のうちに靴下だけ、手であらって、手で絞って椅子に干して寝た息子。

朝起きて触ってみたら、脱水してないので、まだビショビショ!
「ドライヤーどこ?」と自分で乾かしはじめたのでした。

びっくりしました。

少し前の彼なら、
「洗ってって言ったでしょ!ママが洗ってくれないから乾いてないじゃん!ママが悪いんだからママがやってよ!」

と怒り爆発。
そして、いや~な空気が流れはじめる。。。
そんな息子とわたしでした。


彼の中で何かが変わり始めているのを感じました。


彼はわたしを許し、彼の中の何かを越えて、
自分の力で進んでいこうとしているのを感じました。

過去の自分の「こだわり」を手放すと、ラクになるのかもしれません。

わたしも息子に置いていかれないように、
自分の中のいらない「こだわり」を手放して、
毎日楽しく、安らげる家族を目指していこう。

そんなことを感じた昨日の朝でした。




セラピーや講座のお申込は下記よりお受けています。

鈴木明美♪

セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749

☆ゲシュタルトWS二日目☆

2010.12.22 *Wed
【自分が自分でいられる場所】 

セラピールームChildrenのあけです。

ゲシュタルトWS二日目にわたしに起こったこと。

2日間連続ワークショップでは、一日目に自分がセッションをしてもらっていたので、
手をあげようかどうしようかという緊張のようなものはなく参加できた。


表面の出来事はまったく違っていても、深い感情の部分は、
自分が過去に体験したときに閉じ込めた感情、
忘れてしまっていた感情と重なるものが沢山あることを実感した。


2日目の最初の人のワーク。

「どうにもならないことってあるんですか?」
「どうにもならないこともある」

そんな言葉がでてきたときに、
やはり出てきたのは小学生のわたし。

「いじめ」のある学校生活。
毎日、どんなに自分がいじめられまいと頑張っても、
そこ子の気分一つで、わたしの一日が決まる。

誰とも遊べない一日、普通に友達と会話ができない一日。

小学生の自分なりに、
どんなに頑張っても、どうにもならないことだった。

「どうすればいいの?どうすればいいのよ!」と
何度も自分に問かけていたような気がする。

「反発できたら・・・、でも、もっといじめられたら怖い」

こうやって、恐怖の前では自分を抑えることを覚えていった。

そして、世の中には「どうにもならないこともある」ことを学んだのかもしれない。


次のワークでは、
「思いもよらない思い出の中に、思いもよらない感情が眠っている」
ということ。

頭ではわかっている「もう帰ってこないペット・・・」、明らかな事実があるのに、
感情ではわりきれていないということに、自分が気づいていくワーク。

ここで、自分が思っている以上に、自分の知らない無意識が
自分の中に眠っていることを納得した自分がいた。



午後のワークでも、また小学生の頃のわたしの感情がでてきた。
(はじめに書いたように、WSの参加者がワークした出来事とわたしが体験した出来事はまったく違う!)


「親を悲しませたくない」
「恥ずかしい」

親に自分がいじめられていることを伝えられなかったときのわたしの感情とワークをしている人の気持ちが重なった。


「いじめられている、恥ずかしい。」

そう思っていたんだと思う。
親には言えない・・・。

「お母さんに心配かけちゃう、悲しませちゃうかも・・・」

そんな感情もあった気がする。

そしてなによりも、親に伝えることで、
もっといじめられるのが怖かった。


まだまだ、子どものわたしは、
大人のわたしに気づいてほしい気持ちがいっぱいあるんだね。

これからも、自分から目をそむけずに
自分のインナーチャイルドをしっかりと癒してあげたい。



一日目のワークはわたしも含め、家族についてが多かった。
わたしの中にでてくる罪悪感は、家族に依存をつくりだしやすくすることに気づいた。

そして二日目は、人は思い出の中にいくつもの感情を閉じ込め、
それは、体がちゃんと覚えている。

深い部分の感情は、大きな意味では同じようなことで苦しんだり、
悲しんだり、喜んだりしている。


「いじめ」で自分に作った殻は随分と手放してきたつもりだったが、
癒されていない感情がまだまだあったことに驚いた二日間だった。



昨日はOasisのランチ忘年会を我が家でやった。(写真撮り忘れた^^;)
いろんな出会い、新しい出会いに支えられ、
春には3周年を迎える。

出会いとは不思議なものだ。


長い文章を読んでくださってありがとうございます。
感謝を込めて☆

セラピーや講座のお申込は下記よりお受けています。

鈴木明美♪
-----------------------------------------------------------
セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749

わたしのWorldShift!

2010.12.19 *Sun
【自分が自分でいられる場所】
セラピールームチルドレン のあけです。


昨日は、和みのヨーガのガンダーリさんからご縁をいただき、
白熱教室に参加してきました。
 
始めに、アーヴィン・ラズローさんの【WorldShift】
の紹介が谷崎テトラさんからありました。

WorldShiftは、自分がおのおのできるWorldShiftをやっていこう。
それが世界を変えていく!という内容でした。

自分のWorldShiftを考えてみました。



わたしがやりたいことは、

セラピーの素晴らしさを世の中に広めること。
(わたしにとってものセラピーとは、自分の無意識、潜在意識にいる
自分では気づいてはいない、または薄々気づいているけど、向き合うのを避けてきた自分に出会うこと)


セラピーのよさがあまり知られていない日本
    ↓
セラピーのよさを誰もが知っている日本


わたし自身、セラピストを目指して学んでいくプロセスで、
いろんなセラピー、セッションを受けてから
自分が自分らしく、楽しく笑顔でいられる時間がどんどん増え、
そのスピードが加速しているのを感じました。


セラピーは、特別な状態の人が受けるものではないことを実感しました。

自分は大丈夫って思っている人も、受けてみてほしい。
(以前の自分がそうだったので^^;)


全然大丈夫じゃなかったね。

セラピーに出会えてよかったね

体験できてよかったね。

心から、自分自身にそうやって声をかけてあげることができます。



そして、今ももちろんセラピーやセッションを受けながら学びを深め、
生き方が素敵な方の講演会に参加したりしながら、
自分で自分を癒し続けています。


心理療法のよさがもっと沢山の人に広まれば、価格も下がると思う。
国のバックアップもいろんな意味で整った社会になっていくといいな。

ちっぽけなわたしの活動からでも、広がって、繋がって
笑顔で世界がいっぱいになると素敵だな~♪


白熱教室の最後は、
ガンダーリさんの【幸せ創造劇場】

それまで、頭をつかってカチカチだった会場の空気が、
いっきにほぐれ、最後は会場中に笑顔があふれました

ちなみに前半で、わたしの肩と首にかなりコリが・・・^^;
最後の笑顔でコリまでいっしょにほぐれていました^^v


会場中のエネルギーや笑顔、見えない空気の変化で、
体のコリまで変わっちゃうね。


笑顔のエネルギーってすごいね

---------------------------------------------
【自分が自分でいられる心のオアシス】
セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749

小さい方が支えているんだね

2010.12.17 *Fri
【自分が自分であるための心のオアシス】 セラピールームChildrenのあけです。


今日は子ども達を見ていて感じたことを日記にします。


義理の姉が子ども達にクリスマス前に楽しんでとくれた物がふたつあります。
ロイズの「クリスマスカレンダー」と「チョコレートのお家の組み立てキット!」


カレンダーは11月30日の夜にだしました。
そして、今日はチョコレートのお家を出しました。


長男はあまり組み立てには参加せず、お腹が満たされる日を待つようです。


長女と次女で、組み立てが始まりました。
糊がわりのチョコペンの先からチョコが出てこなくて、長女が次女に指示!


「針とってきて、アルコールで消毒して!」


行動するのは、なぜか次女。


なかなか出てこないチョコ糊に、二人とも悩む。
「お湯につけてみたら?」とわたしが提案したら、
次女は早速、「お湯を入れてもわれない器は?」とわたしにたずね、
お湯飲みにお湯を入れてチョコペンをつけていました。


そんな二人の様子をみながら、
長女は指示命令!(わたしにずっとされてきたからでしょう~^^;)


次女はフットワーク軽く、自分で動きます。(こちらは、かなりほったらかし?というか手をかけずに声をかけて育てきたつもり!)


次女は、面倒くさがりません。
動くのが普通なのでしょう。
兄や姉によく使われています。


そんな次女を見ていると、かわいそうにと思ったときもありました。


最近は、そうやっていろんなことを体験して、体を使って覚える次女を
とってもいろんなことが自分でできるようになっていて、決してかわいそうなことではないなと感じています。




長女は、わたしの声かけを嫌がります。
小さい頃に、批判や非難をされてきたからでしょう。


行動しても、どうせ批判、非難をされると構えているのかもしれません。
批判や非難は、喜んでの行動にはつながりにくいですね。


わたしが誉めても、「どうせおせじでしょ」と言っています^^:
が最近はちょっと嬉しそうなのを見逃しません^^v


非難や批判をやっているときは、そんな認識はなく、
子どものためにと思ってやっていましたが、
子どもは深く傷ついていたことでしょう。




そのままの子どもを受け入れる気持ちでいることの大切さに気がついて、自分がかわって、
子ども達との笑顔の会話や時間が多くなったのを実感しています。


子どもは敏感に、親の心を感じとっています。


親は子どもから学ぶことがいっぱいです。




先月、渡辺久子さんという小児科医の講演会を聴きに行ったときに、

『「人」という字はね、小さい方が大きい方を支えているのよ。親は子どもを支えているのではなくて、

子どもが親を支えているの』

と渡辺先生はお話しをしてくださいました。


子どもがいろんなことを気づかせて親を成長させてくれます。


最後まで読んでくださってありがとうございます♪


セラピーや講座のお申込は下記よりお受けています。
--------------------------------------------------------------------
セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749

実践心理学教室 【入門】 2期・3期の日程

2010.12.14 *Tue
【自分が自分であるための心のオアシス】 セラピールームChildrenのあけです。

好評をいただいている実践心理学教室の3期の日程が決まりました。

1期の⑧は試験対象者がいませんので、休講です^^;


●実践心理学教室 【入門】2期 
1月12日(水) ⑤非言語的なメッセージの読み取り方など
 
1月24日(月) ⑥悩みをバラバラに分解して解析する方法

2月7日(月)  ⑦解決志向アプローチ(原因追求をもうやめよう)

2月21日(月) ⑧昇級試験※初めての方には難しい内容になります

会場:セラピールームChildren(東西線西葛西駅 徒歩10分)
時間:10時~12時
参加費:1000円

会場:新宿御苑会場(丸の内線 新宿御苑駅徒歩2分)
時間:19時~21時
参加費:1000円


●実践心理学教室 【入門】3期
1月14日(金) ①特殊な観察技術で心の中の時間感覚を読み取るなど

1月20日(木) ②10秒で気分を変える姿勢編集法など

2月10日(木) ③心の中の障害(壁)を除去する方法など

2月18日(金) ④相手の思考の足跡をたどる

3月4日(金)  ⑤非言語的なメッセージの読み取り方など

3月11日(金) ⑥悩みをバラバラに分解して解析する方法

3月18日(金) ⑦解決志向アプローチ(原因追求をもうやめよう)

3月22日(火) ⑧昇級試験※初めての方には難しい内容になります

会場:セラピールームChildren(東西線西葛西駅 徒歩10分)
時間:10時~12時
参加費:1000円


カウンセリングも随時ご予約を承っています。


セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749

☆クリスマス会☆

2010.12.12 *Sun
今日は、末娘の友達を我が家に招いて、プチ・クリスマス会。

友人のお誕生日会に招かれて行っては、「家でもやって~」と言っていた娘。

6人のお友達が来てくれて、今日はとても楽しそうでした。


なんにも準備をしていなかったので朝からバタバタ。
クリスマス飾りを出して、真ん中の娘に協力依頼。
テキパキと飾りつけてくれました^^v

調度、自宅の目の前の神社で子供会主催の「おもちつき」が午前に行われたので、神社に集合。
「おもち」でしっかり腹ごしらえをしてから我が家に来てもらいました。

ホワイトボードを出して、今日のプログラムを子ども達で決めて、
書き込んで^^

1.トランプ
2.プレゼント交換
2.みんなでたこ焼き?チーズ焼き?作り(お昼)
3.公園で遊ぶ
4.おやつ&手作りチーズケーキ
5.トランプ&ジェンガ

たこ焼きは、みんなで作って盛り上がりました。

昔は、子供同士が遊んでいると、喧嘩やいじめのようなことがおこらないかと心配している母親でした。
セラピストとしての学びの中で、自分と向き合ってきたことで、随分と自分も変わったな~っと^^


子ども達を信頼して見守れるわたしになりました。
信頼して見守ることができるようになると、本当に子ども達って素直で可愛くて愛おしい存在だなって。

一緒に楽しく時間を過ごして、
子ども達も言ってたけど、あっという間の一日。

楽しい時間は早いね。


今日は、息子が欲しがってるゲームが入荷するので、部活に行ってる間に買っておいてと頼まれました。
前は、そんなことでも、素直にいいよと言ってあげられなかったわたし。
「忙しいのに」とか「部活終わってから自分で行けばいいでしょ」とか。。。
今日は気持ちよく息子に対応できました。

自分が変わると、いい気分で過ごせる時間がいっぱいになるね。

セラピストとして学んでいくことは、自分を取り戻すプロセスでもあり、自分の人生そのものでもあるなと。
一生、学びの道。

自分の思い出の中に眠っている自分の心の記憶を探し、自分と向き合いながら、人間らしく、そのままの自分でOKといえる自分を目指していきます。



セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749
| 日記 |

☆百武さんのワークショップ一日目☆

2010.12.12 *Sun
ここのところ1ヶ月、自分磨きの月でした^^v
久しぶりの日記です。


先日、待ちに待ったゲシュタルトの百武さんのワークショップに行ってきた。

会場へ向う電車でも、ワークに向けてあれこれと思いが巡る。

一番のワークには手を挙げることはできなかったけど、
午後一で手を挙げて、一年ぶりに念願のワーク。


いつも自分の中で大きな存在をしめる息子との関係。

今回のワークは日常のたわいもないことで、でてくる自分の態度のこと。

食べたおやつのゴミをゴミ箱に入れない。
食事の食器を声をかけてもなかなかさげない。

そんな息子への自分の対応。
嫌みっぽい態度。
わかっちゃいるけど、いやな視線、口調、言い回し。。。。

だったら言わない方がいいのでは・・・、いや、
それではいつまでも息子が出来ないでいる事に気づけないのでは。。。どうすれば・・・

嫌みな自分の態度をワークして、
家族の位置を椅子で置いて、
息子になってみて、

「うっせーんだよ、うざい!わかってる、外じゃちゃんとやってるよ・・・」


わたし自身、自分の気持ちに身動きが取れなくなっていた。。。



「優しくしてほしい」と望んでいる息子。

それは、
「わたしも優しくしてほしいのよ」という自分の心。

「気づいてよ!気づいて!」

小さい頃に心の中で叫んでいた、
「いじめられているわたしに気づいて!」という母への気持ち。
気づかれてはいけないという態度と相反する心の声。

「俺のことわかってくれよ」っという息子の態度。

重なった。

涙がにじんできた。

それから、ワークの中で家族を表現した椅子は、
家族みんなが真ん中をみて輪になった。
それぞれに自分として生きながら、輪になった。

帰宅した。
その夜はとても穏やかにユーミンの曲の話しをしてきた息子。
一緒に床についた。
とても穏やかな気持ちでわたしは眠りについた。



息子は、未完了なわたしの思いをいつも現してくれる。
大好きなのに、かみ合わなかった二人の歯車。


ちょっとずつ合っていくね。


日記、二日目に続く。。。かな?^^;


セラピールームチルドレン
江戸川区西葛西(詳細は申込者のみにお知らせします)
HP:http://www.cims.jp/sun/children/
申込・問合せフォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=346749

プロフィール

セラピールーム・チルドレン

Author:セラピールーム・チルドレン
江戸川区西葛西
カウンセリングルーム
講座開催



カテゴリ

おしらせ (47)
講座&イベント (79)
日記 (55)
心のあゆみ (53)
実践心理学教室の日程 (2)
コミュニケーション講座の日程 (0)
MOTHER'S NET (1)
NLP (4)
日々の気づき (4)
カードセラピスト講座 (1)
パステル (1)
インタビュー (3)
家族 (4)
子育て (6)
心と病 (2)
縁が和 (2)
の (0)
和みのヨーガ教室 (2)



最新記事



カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © 【自分が自分でいられる場所】セラピールームChildren All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。